知の理論: Studies on the Theory of Knowledge, TOK

大佛次郎記念館にて

はじめまして!垂水源之介です!

01:「知の理 論」あるいは「知識の理論」(Theory of Knowledge) とは、国際バカロレアの学士入学(ディプロマ; baccalaureate とはフランス語で学士号の意味)プログラムにおける必修科目のことであり、それ以外の認証システムにおける大学では、通常「認識論」や「認識論入門」に相 当す るものである——正式な日本語訳は「知の理論」。知とはプラトンによる「知的」伝統を汲み「正当化された真なる信念」のことである(『テアテイトス』『メノン』)。

国際バカロレア機構(本部ジュネーブ;1968- )が提供する 国際的な教育プログラム。国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)は、1968年、チャレンジに満ちた総合的な教育プログラム——初学(PYP)、中期(MYP)、大学入学資格 (DP)、 キャリア(CP)の四資格がある[引用者]——として、世界の複雑さを理解して、そのことに対処できる生徒を育成し、生徒に対し、未来へ責任ある行動をと るための態度とスキルを身に付けさせるとともに、国際的に通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)を与え、大学進学へのルートを確保することを目的と して設置」文科省

ディプロマ・プログラムは6教科からそれぞれ1つの 科目選択する(例外として「芸術」から1科目選ぶ代わりに他の教科で2科目選択も可能)。3〜4科目(上限)を上級レベル(HL)、それ以外を標準レベル (SL)と称する。IB(国際バカロレア)では、HLの科目に240時間、SLに150時間を割り当てることを推奨している。

ウィキ(日本語)が解説するその教育水準のスタン ダード化のエピソードが面白い:「国際バカロレア(IB)は当初、世界各国から人が集まる国際的な機関や外交官の子供が母国での大学進学のため、様々な国 の大学入試制度に対応し、1つの国の制度や内容に偏らない世界共通の大学入学資格及び成績証明書を与えるプログラムとして開発された。その目的を、より良 い平和な世界を築くために貢献する人材育成としており、その教育プログラムの特徴として「全人教育」を掲げている。」国際バカロレア

また文科省は、グローバル人材育成の観点から、我が 国における国際バカロレア (IB)の普及・拡大を推進しているが、その背景には、日本人(専門家たち)による日本の大学の国際化/グローバル化対応の資質にそれほど期待し ているように思われる。そのため、EUですでに定評のある国際バカロレアのついて、まず手っ取り早く速習する必要性を感じているように思われる(→文科省 「国際バカロレアについて」)。

フランスのバカロレアつまり「大学入学資格試験」試験については、私の授業「大人のための知の理論=TOK(対話術F)」で一部解説とリンクがあります。ご参照ください。

カテゴリーPlan